•  大垣女子短期大学
  •  主な合格実績です。 
  • 東葛看護専門学校 東邦大学医学部看護学科 愛媛県立医療技術大学 愛媛大学 石巻赤十字看護専門学校
  • 聖路加看護大学 中林病院助産師学校 東京都立板橋看護専門学校 厚生連高岡看護専門学校 大阪医療福祉専門学校
  • 慶応義塾大学看護医療学部 群馬パース大学 聖隷クリストファー大学 聖路加看護大学 聖路加看護大学大学院博士前期課程
  • 聖和看護専門学校 専門学校社会医学技術学院 大分大学 仙台医療福祉専門学校 泉南医師会泉佐野看護専門学校
  • 高尾看護専門学校 静岡市立静岡看護専門学校 高岡市医師会看護専門学校 秩父看護専門学校 社会保険中央看護専門学校

助産師

「おめでとうございます!」
生命の誕生という大切な瞬間に立ち会うことのできる仕事。

妊婦と赤ちゃんのことを考え、できるだけ自然で自発的なお産ができるように努力するスペシャリスト、それが助産師です。

仕事はお産のときだけでなく、妊娠、出産、産後まで全般に及びます。
正常なお産を行なう場合、医師の監督なしに出産を介助することもできます。

あなたが助産師として、働きたい、と思うならお産に関わる全てをスムースにすすめるために努力しなければなりません。

妊娠期においては、母子手帳の活用説明や妊婦検診での異常発見と記録、父母への保健指導を行ないます。

分娩期には、分娩に関わる重要な判断を行い、出産介助、そして、異常の際には医師との連携など幅広く迅速な対応が必要です。

出産後には、乳房マッサージや子宮底収縮状態の確認、母親の退院指導、新生児の管理・計測なども行ないます。

病院や助産院、地域の保健センター、個人営業などで仕事をすることができます。

助産師になるには、看護師養成機関で3年学んだうえ、さらに1年間の助産課程を学んだ上で、助産師国家試験に合格しなければなりません。

近年、助産師のいるところで自然分娩したいという母親の声が高まり、注目を集めています。

あなたが助産師学校の受験をしたいなら、次のことを考えてみましょう。

1.妊婦と赤ちゃん、父親のために、より安全で自然な分娩を行なうために働けますか。その出産に関わるプロセス全般で母親、父親、そして新生児のケアをするために働く決意はありますか。

2.あなたが通学できる助産師学校はありますか。受験科目と受験日の都合は良さそうですか。(ただし、最新の募集要項は直前にならないと出てこないので、あまり、ずるずるしないように。要は、受験の意志を固めることです)

3.受験に向けて勉強しましょう。受験科目に苦手な科目があるなら、他人に教えてもらいましょう。知り合いの教師でも、予備校でも良いでしょう。敏塾なら、あなたは自宅にいながらFAXやメールで学ぶことができます。

★あなたが助産師学校に合格できるかどうかは、志望校の先生が判定します。
ですから、あなたは受験をすると決めたら、くよくよ悩む必要はありません。
日々、勉強をしながら、助産師になりたい、という夢を育てていきましょう。(敏塾 富士)

まえのページ
つぎのページ

資料請求

What's New

長岡赤十字看護専門学校/2018年度の募集要項を発表

長岡赤十字看護専門学校(新潟県長岡市)は、2018年度の募集要項を発表しました。・・・

 

西埼玉中央病院付属看護学校/2018年度の募集要項を発表

西埼玉中央病院付属看護学校(埼玉県所沢市)は、2018年度の募集要項を発表しました。・・・

 

アロマや外出、悩み相談・・・産後うつ防止へ県助産師会/群馬

産後うつを防ごうと、群馬県助産師会は、助産師が子育てを無料でサポートする事業「ママもたまにはリフレッシュ」を行っています。妊娠中か生後6カ月までの子どものいる女性が対象です。・・・

 

子供が小さい主婦、シングルマザーは看護学校に行けない?

 

前回、不合格だった看護学校を再受験しても良い?

 

看護師資格の価値/勉強は、いつ終わるのか?

 

 

3つのプレゼント

  • 原稿用紙(400字詰)無料ダウンロード!
  • 資料進呈
  • メールマガジン
  • 看護医療の社会人入試(小論・英・志面)

科目別インフォメーション

国語
英語
小論文
就職対策
志望理由書
面接

進路別インフォメーション

看護師
助産師
認定看護師
専門看護師
作業療法士
理学療法士
言語聴覚士
保健師
歯科衛生士
その他

看護学校の話題

ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行
ヤ行
ラ行
ワ行

各学校の名前を五十音順に分類してあります。

社会人入試 看護学校 NEWS

社会人入試 看護師 NEWS

看護医療最新ニュース

社会人入試のススメ

もっと仕事の専門分野について学びたい、学歴が欲しい、資格をとって収入をあげたい...というようなことを考えたことはありませんか?そんな方々には、社会人入試で大学や大学院に通うことをお薦めします。働きながら学校へ通うことは大変ではありますが、小さい頃に嫌々勉強した内容とは違い、きっと自ら進んで楽しむことができるでしょう。社会人入試には、学費が安かったり、入試科目が少なかったり...と、一般の学生と違ったメリットもあります。年齢に関係なく、いつからでも学べます。ぜひチャレンジしてみてください!

資料請求


●今のままの自分でいたくない ●ずっと前から看護師になりたかった ●万一のときも子供たちを守るために資格がほしい ●生活・収入・将来を安定させたい
●自分らしい人生を歩みたい ●周囲は「合格できるはずない」と言うけど、合格して見返したい ●人のために働きたい●久々の勉強だけど挑戦したい
●家族を安心させたい ●年齢的に不安はあるけど頑張りたい ●看護医療の仕事が好きだ。もっと極めたい●何度受験しても不合格だった。今度こそリベンジしたい 
●社会人の看護医療系受験を専門にずっと教えてきたプロから指導を受けたい ●看護学校を中退した過去があるけど、その学校を再受験してやり直したい ●新しいことにチャレンジしたい ●とにかく絶対合格したい ●学生時代、勉強は今までサボってきた。でも、やるしかない。逃げたくない ●経済的に自立して離婚したい ●今の会社を辞めたい ●自身の闘病経験や障害を活かしたい ●外国籍だけど看護師になりたい ●緊張すると実力が出せない。そういう自分を変えたい ●応援してくれる家族や周囲の期待に応えたい ●この受験を自分の成長の糧にしたい